BLOGダイエット

  • HOME
  • ダイエット

転職してもやりがいのあるエステティシャンのオールハンドの魅力 Private Salon TK

TKニュース, インフォメーション, ダイエット, 企業説明会

☆自分の手で分かるお客様の変化

エステティシャン3年目にして最近施術をしていて感じる事があります。

それは『お客様の身体の変化を手が分かるようになった事』です。

 

毎週来て下さる方や、月1のメンテナンスで来て下さる方など

今まで1,000人以上のお客様に入らせて頂きました。

 

正直な所、1年目の時は

お客様の身体が、前回来た時よりもどう変化しているのか察する事がなかなか出来ませんでした(^^;

 

3年目になった今、施術をしていると、

「あれ、いつもより筋肉が硬く固まっている気がするな、

いつも右だが今日は左の方が硬い気が、

徐々にお腹が薄くなってきている、」など触れると自然と手を通してお客様のいつもの状態が頭をよぎります。

 

答え合わせをするかのように、

「今日、いつもより立っている時間長かったですか?いつもより沢山歩きました?」などと伺うと、

「今日は久しぶりにヒールを履いて沢山歩いたから脚が疲れているのよね」と。

私の手が感じた通りだ!(当たるとちょっとうれしい自分(*^^))

 

私たちの仕事は、常にお客様の少しの変化も気づきお伝えし、改善していくことだと思います。

 

 

最近だと、ダイエットとライン造形の為に毎日通われていたお客様がいました。

そのお客様に何度か入らせてもらっているうちに、徐々に徐々に結果が出ているのを実感しました。

スタートの日は、筋肉も脂肪もカチカチで凝り固まっていたのが、徐々に筋肉が解れやすくなり、脂肪が柔らかくなっていくのを実感していました。

その後、手の感覚だけでなく目でわかるくらいに身体が薄くなり最終的には、

身体のラインが劇的に変化してきているのを実感しました。

毎日通われていたからこそ、より少しの変化にも気づける事が出来ました!

 

久しぶりにご来店したお客様でも、この感覚は変わることなく手が覚えております!

 

直接肌と肌が触れ合う事で

手から感じる感覚が自然と記憶されていると思いました(^O^)!

 

お客様一人一人の体の状況や身体を使うときの癖、筋肉のつきかたや張り方をこの手は覚えているのだ!と

オールハンドだからこそ味わえる感覚だと思います(*’▽’*)♪

 

 

 

 

 

☆エステティシャンは、替わりがきかない!!

 

数あるエステサロンの中でTKがこだわっているのは、オールハンドの技術です!

今や機器を使った施術もとても人気になってきてますよね(^^)

 

そんな中でも私は、オールハンドだからこそお客様と一緒に結果を出せ、喜び合うが出来ると思います。

 

生身の手だからこそ、お客様に合わせた好みの強さ…よりTKは少し強いかもしれませんが(⌒-⌒; )

スピード感や一人一人の体に合わせたマッサージの仕方を自在に変えることが出来ます(^^)

 

同じ年代の方でも、身体の骨格が違っていたり、脂肪や筋肉の付き方も皆違います。

施術に入る時お客様の身体を手全体で感じとり、一人一人の身体と真剣に向き合い、

どこが歪んでいるのか、どこに脂肪が付きやすいのか、なぜ凝り固まっているのだろうか、、、

いち早く結果を出してあげたい!からこそ、常に原因を探りながら結果を出しています。

 

だからこそ、身体の状態を手で記憶しているのかもしれませんね( ´ ▽ ` )

オールハンドだからこそ、骨の際まで造形することができ、

たった1回の施術でも目で見てわかるくらいの身体のラインが変わるなど

自分の手で変えることができた!と大きな実感度が味わえ、とても楽しくやりがいがあります(^^♪

 

つい先日、脚にお悩みがあるお客様が結果を出された時、

「機械だけではここまで結果が出なかったと思う、

私にあったマッサージをしてくれたからこそ結果が出たと思う!」と言って頂き、

自分のこの手で結果を出せた!と自信がつきました。

 

 

今まで数多くのお客様に入らせて頂き改めて感じる事は、

どんな年齢や肌質にも答えられる施術が出来るのは、

エステティシャンだと思います!!!

 

エステティシャンの手で身体に触れ、その日の身体の状態を把握し、

それからマッサージをするからこそ、

お客様のその日の状態に合わせた技術に変えられることもできます。

その場の判断と、身体の分析力がとても必要になります。

エステティシャンというのは替わりがきかない優逸無二の職種だと強く感じます。

 

 

これからエステティシャンになる方達やエステの転職を考えている方達に

自分の手でお客様の結果を出せた喜びや、

手が覚えている、触れただけで分かる身体の様子の実感を沢山味わって頂き、

替わりのきかない私にしかできない仕事だ!という事を感じてもらえたら嬉しいです(^o^)/

ウイルスに負けない身体へ!インナーケアから見直して免疫美容を高めよう!

しみ, ダイエット, たるみ, 未分類

季節の変わり目は、体調を崩しやすい          

蒸し暑い夏が終わり、気温が下がり過ごしやすい季節になり始めているのに、「なんかだか身体の調子が良くないな」と感じる方は多いのではないでしょうか。( ´︵` )

よく季節の変わり目は体調を崩しやすいと言われています。

何故、体調を崩しやすいのでしょうか??

それは、昼と夜の気温の差、つまり寒暖差が激しいからなのです。

寒暖差に対応するため自律神経の一つである交感神経が優位に働くと、エネルギー消費が増え、疲れやだるさを感じやすくなります。

 

自律神経には、身体を活動的にする交感神経とリラックスさせる副交感神経があり、2つがバランスをとりながら、心臓や腸、胃、血管などの臓器の働きをコントロールしています。

この自律神経は、自分の意思ではコントロールできず、少しのストレスでもバランスが乱れやすくなります。

 

交感神経が高まる事で自律神経のバランスが乱れると、腸の蠕動運動のバランスも乱れ、腸の働きが低下してしまうのです。

その結果、腸内環境が乱れ免疫力が低下してしまい風邪などを引きやすくなってしまいます。

腸内環境を整えるとは

上記でも説明した通り、自律神経が乱れてしまうと腸の働きが乱れてしまう為、腸内環境も乱れ腸内は悪玉菌が増え免疫力が低下し、体調を崩しやすくなってしまいます。

 

最近わたくし堀場は、人生で初めての胃腸炎を経験しました。(^^;)

数日間、もの凄い腹痛と戦っておりました。((笑))

最終的には、激痛に耐えられず、救急車に乗る事に(-_-;)

 

病院の先生からは「左の腸が浮腫んでいますね~」と。

「今の腸の状態は、悪玉菌だらけですよ。」と言われました。

 

Σ(゚Д゚)!!

この激痛の正体は、悪玉菌。

彼ら悪玉菌の攻撃の凄さに驚きと恐怖を感じました。

 

医師にお腹がとても痛いと訴えても、処方された薬は、善玉菌を増やす乳酸菌のみでした。。。

 

「えっ!これだけ⁈」(; ・`д・´)?

そんなに善玉菌が必要なのだ!!とこの時改めて考えさせられました。 (;^ω^)

 

免疫力を上げるには腸内環境を整える!

これだけだと思います!!!

 

私たちの免疫細胞は半分以上が腸の中にあり、腸内細菌の働きを高めることで免疫力を高められます。

善玉菌は免疫細胞を活性化させ、細菌やウイルスなどの病原菌から身体を守るはたらきをしています。

 

人間の免疫力は通常20代がピークで、加齢に伴って低下してしまうのです(;▽;)

腸内細菌を整えることで、年齢を重ねても健康を保つことができるのです!!!

秋の食材で免疫を高めよう

秋の食材には、栄養価が高く免疫力を高める事ができる食材が沢山あります!

いくつかご紹介しますので、是非これからの食事に取り入れてみて下さい(^O^)!

魚 → さけ、さば、さんま、かつお

魚はヘム鉄やたんぱく質、DHA、EPA が豊富です!

魚の良質なタンパク質は消化吸収がよく、ビタミン類、DHAやEPAも沢山含まれています。

魚は栄養価がとても高く、風邪予防や美肌作り脳の老化も防いでくれます。

芋類・野菜 → さつま芋、里芋、じゃがいも、かぼちゃ

芋類には食物繊維やビタミンC、ビタミンEが豊富です!

風邪の予防に効果があるビタミンCですが、さつまいもに含まれているビタミンCは熱に強いため、効率よく摂取する事ができます。

 

また、かぼちゃには血液の流れを良くする効果もあるので冷え性の方にはオススメの食材です。

血行を良くするビタミンEや粘膜を強くし抗酸化作用が強いβカロテン・ビタミンCが豊富に含まれています。

きのこ類 → しいたけ、しめじ、まいたけ

きのこにはβグルカンが豊富で、免疫細胞を活性化してウイルスの増殖を抑制したり、腸内環境を整えたりする働きがあります。

その他に、皮膚や粘膜を正常に保ち異物の侵入を防ぐビタミンB2、血流を良くするビタミンB6、免疫機能を調節するビタミンDなど、免疫力を高めてくれる多くの栄養素が含まれています。

これから秋になり冬へと変わり、ますます寒くなる季節になります。

今から免疫力を高め寒暖差に負けない身体を作りましょう(^^)/

 

プライベートサロンTKではエステティシャンがお客様にあった食事のホームケアのアドバイスもさせて頂いております!

分からない事などございましたらお気軽にお尋ねくださいませ(o^∀^o)

背中痩せで肩甲骨・背骨くびれ美ボディな後ろ姿美人を目指そう!

TKニュース, インフォメーション, ダイエット

年齢は背中に出る

メイクやファッションを頑張っても、なぜか疲れて見える時ってありませんか?

そんな時は、身体のトータルバランス=前後のバランスが崩れているかもしれません。

 

普段、鏡でチェックしているのは「前から見た姿」がほとんどですが、疲れていると猫背になり、背中が丸まりますよね(;▽;)

そんな後ろ姿は元気がなく、老けて見えてしまいます。

 

後ろ姿は普段見えない場所であり、油断しがちなパーツなので、生活感がダイレクトに現れるのです…。

少し意識するだけで若々しさや美人度がアップしますが、まったく意識しないままでいれば、確実に老けていくんです…(T-T)

背中が老けるのは脂肪だけのせいでは無かった

背中が老けて見えるのは、必ずしも脂肪のせいだけではありません!

姿勢の悪さ

オフィスワークなどのお仕事の場合、前かがみの姿勢がクセになってしまっていたり、その姿勢のまま長時間座っていたりすることが多いため、猫背の原因になるといわれています。

猫背の状態では、ほとんど背中の筋肉は使わないので、筋肉が固まり背中が丸まってしまうのです。

・柔軟性不足

背中は体全体のボディラインを美しく見せるために重要な場所のため、ここが硬いと代謝が落ち、むくみやすい体になってしまいます。

首のコリや腰の痛みの原因にもなります。

背中の柔軟性を上げることで、代謝が高まり血液循環が改善、むくみにくく太りづらい体になっていくのです。

背中痩せで後ろ姿美人になる方法

ストレッチでむくみを解消する

身体をほぐす効果が期待できるのがストレッチです!

肩をぐるぐる回したり、腕や背中をゆっくりと伸ばしたり、普段あまり使っていない筋肉を軽く動かす程度の動きが多いですよね。

 

汗を思いっきりかいたり、筋肉痛になるぐらい激しく動かす事がないストレッチは、背中の贅肉落としにあまり関係がないと思われがちですが、

適切なストレッチは、ストレス解消になるだけでなく、実はむくみ解消にも効果が期待できるのです。

 

「最近、太ったから痩せる!なんとしても贅肉落としたい!」と思っていたら、それは贅肉ではなく、むくみが原因で太って見えていただけかもしれませんよ(^^)

適切なストレッチで背中のむくみが改善されるだけでも、背中がすっきり綺麗にみえるようになります。

✳︎簡単肩甲骨ストレッチ✳︎

肩甲骨ストレッチ①

  1. フェイスタオルを用意します。(初心者さんは長さがあるタイプがおすすめ)
  2. フェイスタオルの両端を持って腕をゆっくり頭上まであげます
  3. 息を吐きながら、そのまま腕を後ろに下ろします

ポイントは肩甲骨の可動域を広げるイメージを持つことです。

前から後ろ、後ろから前を5〜10回繰り返します。

肩甲骨ストレッチ②

息を吐きながら、背中の後ろで手を組みます。

(難しい場合はタオルなどを使用しましょう)

左右交互に10〜15秒キープしましょう

筋トレで脂肪を引き締める

筋トレは、適切な回数と方法をきちんと守って継続して行った場合、長期的に身体を美しいラインに仕上げる事が可能となります。

 

ただ、毎日同じ部分の筋肉をトレーニングすると筋肉を壊してしまう可能性があるため、筋トレ後は、必ず一定期間休息を挟む必要があると言われています。

 

1週間や2週間程度の短期間で背中の贅肉を落とすために筋トレ中心にしてしまうのはおすすめできませんが、長期的に背中だけでなく身体全体を美しいラインに仕上げるためには、筋トレは欠かせない方法となります。

おすすめ美ボディのポイント肩甲骨の簡単筋トレ

  1. 腕は耳より後ろにし、息を吸いながら上に伸ばします
  2. 肩甲骨を寄せるイメージで息を吐きながら両肘を下に下げます

これを10回3セット行うと効果的です

マッサージをする

ストレッチや筋トレを普段のケアとして、定期的にマッサージを行い背中の筋肉を柔らかくしていくと、普段のストレッチや筋トレがより効果的になります。

背中は、なかなか自分で解すには手の届きにくい場所なのでエステやマッサージ店、整体等に行かれる方が多いですよね(^^)

とても良い事だと思います。

 

しかし、ご自身の気になったタイミングでマッサージに行くという方は要注意です!

実は、マッサージは頻度がとても大切なのです(`・∀・´)

カチカチに固まってから、解しにいっても本来の柔らかい状態に一回で持っていくのはかなり至難の技…。

 

その為、硬くなる前に流しに来ることをお勧めします!

徐々に解れやすくなっていきますので、最初の流し初めはなるべく頻度よく(理想は週1日くらい)流すとより早い結果をもたらせます!

 

是非参考にしてみてくださいね(^O^)

背中をスッキリさせて、後ろ姿美人を目指しましょう!

TKの技術とは! by中野

TKニュース, インフォメーション, ダイエット, 企業説明会, 未分類

皆さんこんにちは!

今日は、真面目にTKの名物であるオールハンドメニューについて語ろうかと思います。

 

あっ営業では、ないですよ!(;^ω^)

どちらかというと、技術へのこだわりについてですかね。

私達は、トリートメントをさせていただくにあたり骨の付近を大切にしています。

くるぶしから膝下・膝から太ももの付け根・肋骨付近・脇下・肩甲骨・脊柱などなど。

 

身体の部位により「こだわり」があります。

骨に付着しているのが筋肉で、上手く身体が使えていないとその付近は筋肉が張り、そのうち脂肪が付きやすくなってしまうのです。(; ・`д・´)‼

 

更に申し上げると筋膜という、細かい筋線維を束ねている膜に柔軟な動きがないと筋肉のこわばり、いわゆる張りができてしまう事でボディラインが崩れやすくなってしまうのです。

 

この筋肉や筋膜などにアプローチをするTK独自手技を通して、出会うお客様の身体を柔軟に導き爽快感に誘うのです。

「ようこそ!」

 

この時に!もう一つのこだわりが‼

それは、発汗をする事です。

 

くまなく身体の隅々まで、強めの手技をいれつつ身体全体へと血液の流れを充実させる事を狙いながら、75℃の遠赤外線のヒートマットと共に預かったお身体の深熱を手技により高めていきます。

 

お客様のお身体があるところまでくる頃…体温調節をするべく発汗がはじまるのです。

 

この段階までくると、身体がハードに感じる方もいるのですが、何度もやっていくうちに「気持ちいい‼」とテンションが上がる方が多いのです。

どうやら、身体が軽くなるらしいのです。

 

脱水にならないよう、しっかり水分をとっていただきながら…

個人差はあるものの、100分のトリートメント中に水を1.3ℓ飲めるようになる方もいます。

 

ここまでくると、身体の中の水分が早く入れ替える事ができるようになるので、溜めにくい身体となり痩せモード全開となるのです。

人間の身体は不思議ですね( *´艸`)。

 

1回のトリートメントの結果が5回目までの時より、経過を追うと数字でも変わっていくので技術者も結構夢中になってしまいます。

5回以内の時は、500g減だった方も回数を重ねると1.2㎏減など倍以上の結果がだせる身体に進化しているのです。

 

トリートメントの翌日の朝になると、更に体重減があるとご連絡をいただきます。

↑1回の施術で出た汗の写真です(^^)

 

痩せモードに切替わる前の最初の段階では、疲れにくい身体に変化している事に気がつくでしょう。

そして、日常のパフォーマンスが上がります。

 

実のところご自身の身体は、いつでもこういった施しで元気によみがえります。

ただし、身体を鈍らせたり機能を使わないと残念ながら老化が早いかもしれません。

 

わたくし中野は、日々老化に怯えながら…、また技術のブラッシュアップのために、定期的にトリートメントを受けています。

大事な事ですよね。身体のメンテナンスって。

二の腕痩せを目指している方必見!!

TKニュース, しみ, ダイエット, たるみ, フェイシャル, 未分類

二の腕は意外と見られている

暖かくなってきて桜も満開になり、日中は薄着でも丁度いい気温になりましたよね!

半袖やノースリーブにカーディガンや薄めのジャケットを羽織るだけでも過ごしやすくなりましたよね。

 

しかし!油断大敵です!

腕が出ている服装をした時、ふとした瞬間に羽織っているものを脱いだ時、二の腕は見られているのです!!∑(゚Д゚)

 

特に厳しい、女性が見ています。いやっ見つめています!!(;´Д`)

「あの人の二の腕綺麗だな〜」「半袖、ノースリーブを堂々と着たいな〜」など。

 

春、夏と暖かくなってくると、必ず二の腕をどうするか、、、、

毎年の課題がある方も、まだ間に合います!諦めないで下さい!

二の腕が太くなってしまう原因

脇の詰まり

脇には大きな腋窩リンパ節があります。

脇に老廃物が蓄積した状態が続いてしまうと、リンパ液や血液の流れが滞りやすくなり、筋肉もこわばりやすくもなります。

リンパ節は、細菌や異物を食い止め、処理する役割をしている為、流れが滞りやすい場所です。

 

また、パソコン作業や、スマートフォンを使用する時、同じ姿勢でいることが多い為、筋肉がこり固まりやすく、血液の流れを妨げてしまいます。

そして、たまった疲労物質により筋肉が酸欠状態になり、ますます、血液やリンパ液の流れが悪くなるという悪循環が起こっているのですΣ(゚д゚lll)

 

常に脇のリンパ液や血液の流れを良い状態にしておく必要があります!

ほっそり二の腕を手に入れる方法

二の腕を細くするには、筋トレをして引き締める事もとてもいいですが、まずは、腕全体や、脇の流れをよくしてから行うとよりほっそり二の腕が手にできます(^O^)

1.腕全体の流れを良くする

矢印の方向の脇に向かって優しくマッサージします。

最初は優しく流し、慣れてきたら少し圧を加えながら流します。

2.脇の前側をほぐす

親指を前に、残り4本の指を脇の下に挟むようにして、指の腹全体で脇の前側(胸側)の筋肉を掴みます。

位置を変えながらまんべんなく揉みほぐしましょう。

3.脇の後ろ側をほぐす

親指を脇の下に挟むようにして、残り4本の指の腹全体で脇の後ろ(背中側)の筋肉を掴みます。

位置を変えながらまんべんなく揉みほぐしましょう。

1から3の工程を行う時、脇の腋窩リンパ節の所に流してくる、リンパ節の所を揉み解すという意識をしながら行ってみましょう。

 

 

まだ今なら二の腕ケア間に合いますよ!

日々の中でのマッサージにプラスしてプロの手を借りてみてもいいと思います!

 

プライベートサロンTKにもアームマッサージや、全身マッサージもございます(^∇^)

TKスタッフがリンパ節の流れを開通させます👐!!

下半身太り卒業‼︎スッキリ美脚で春を迎えよう!

TKニュース, インフォメーション, ダイエット

 女性に多い下半身太り

ダイエットをしても、何故か痩せない部分があります。それが下半身です。

そのため、下半身に特化したダイエットをしたことがあるという女性も多いのではないでしょうか。

 

しかし、いくらダイエットをしても上半身は痩せるのに下半身は痩せず、諦めているという人も多いようです。

 

こういった下半身太りの体型を「洋ナシ型」といいます。

この洋ナシ型は、ダイエットをしても下半身だけ痩せないというのが特徴です。

下半身太りの原因

①水分不足

お客様で、よく「水分を多くとると体が浮腫む」と言う方がいらっしゃいます。

そのため、なるべく水分を摂らないように心がけているという声も耳にすることがあります。

 

水分を多くとると浮腫むというのは間違いで、水分が不足する方が浮腫みに繋がりやすいと言われています。

本来、水分を摂ると体の中の老廃物を尿や汗と一緒に排出してくれます。

 

しかし、水分が足りないと

  • ・尿
  • ・汗

を出す量が減り、体内に老廃物が蓄積されていきます。

 

体の中に残った老廃物は、そのままにしておくと脂肪などに形を変えて体に蓄積していきます。

塩分や糖分の過剰摂取による「むくみ」

下半身太りが気になる人に多いのが、塩分や糖分の過剰摂取です。

 

  • ・味の濃いもの
  • ・甘いもの

が好きではありませんか?

 

塩分を摂りすぎると、血液の塩分濃度が上がります。

塩分濃度が上がると、それを下げようと体が水分を溜め込もうとします。

 

それがむくみという症状として出てきます。

むくみが出ると、血液やリンパの流れが滞ってしまい代謝が落ちてきます。

 

砂糖を摂りすぎると、体内の水分を吸水してしまいます。

そのため、血液がドロドロになり血液の流れが滞ってしまいます。

さらに血行も悪くなってしまいます。

 

また、ダイエットに効果的と言われているカフェインも過剰摂取するとあまり良くないとされています。

カフェインを過剰摂取すると、血流が悪くなったり鉄分の吸収が悪くなることもありむくみにも繋がりやすくなります。

セルライト

女性の下半身太りの原因の1番が、セルライトだと言われています。

セルライトは、簡単に言うと脂肪の塊、下半身に多く見られる肌のボコボコです。

見た目がオレンジの皮に似ているので、「オレンジピールスキン」とも呼ばれています。

 

女性に多く見られ、日本人女性の約8割以上はセルライトがあるともいわれています。

これができることによって血行が悪くなり代謝も落ちやすくなります。

セルライトは、一度付いてしまうと落としにくいのが特徴です。

 

セルライトができることで、

  • ・血流の悪化
  • ・リンパの滞り

など様々な症状を引き起こす原因となります。

 

そのため、下半身太りを解消するためには、いろんなことをする前にセルライトを取り除くことが1番の解決法とされているようです。

プロが教える下半身太り解消法

①水分不足を防ぐ

水分が老廃物の排出に重要だからと言って、むやみに水分を摂取すれば良いというわけでもないのです。

水分といっても、清涼飲料水などの甘いものではなく水で摂取するのが理想的です。

 

また、量も大事です。

いくら水分が必要といっても、1日に大量の水を飲んでは、やはりむくみに繋がります。

 

目安としては、1日2リットルです。

汗をかく場合は、その都度プラスしていきましょう。

 

また、1度に大量の水を飲んでもあまり効果が期待できません。

水分は、1日数回に分けて飲むことが大事です。

 

常に体内の老廃物が排出されやすいよう、コップ1杯の水をこまめに飲むようにしましょう。

②むくみの対処法

塩分や糖分の多いものを控えるというのが対処法ですが、既に体内に取り込まれているものを排出させることも大事です。

 

糖分を排出することはできないので、摂取量を考えて量を減らすなど、なるべく人工甘味料は摂らないようにすることが大事です。

塩分に関しては、食品などで排出することができます。

よく食べているものの中には、大量の食塩を使ったものがあるかもしれません。

 

  • ・インスタント麺
  • ・保存の効く漬物、チーズ、味噌、醤油
  • ・ハム、ベーコンといった加工品

 

特に、チーズやベーコン、ハムといったものはかなりの塩が使われているので、毎日食べているという場合は、塩分を過剰摂取している可能性があります。

 

調味料などは摂取しないというのは難しいので、減塩タイプのものや出汁などを効かせて調味料の量を減らすだけでも塩分を抑えることができます。

 

体内の塩分を排出するには、カリウムを多く含んだ食品を食べると良いとされています。

特に多くカリウムを含んでいる食品には、次のようなものがあります。

 

100gあたりのカリウム含有量

  • アボカド           720mg
  • さつまいも        540mg
  • かぼちゃ           480mg
  • パセリ      1000mg

 

さつまいもやかぼちゃは、カリウム以外に食物繊維も豊富なので腸内環境も整えてくれるので、ダイエットにも効果的です。

③マッサージをする

下半身太りを解消するには、セルライトを減らす必要があります。

 

セルライトの見分け方

  • ・脚やお尻を手で押さえた時、ボコボコとした感触がある
  • ・脚やお尻の脂肪を摘むとボコボコしたものが見える

 

セルライトを除去する為にマッサージで老廃物の排泄を促していくことが近道です!

  • 簡単セルフマッサージ

☆手をグーにし、指の第二関節部分を使う

1、足首から膝に向かって関節を使ってマッサージをする

2、膝から足の付け根に向かってマッサージをする

 

この時、少し力を入れてマッサージをします。

セルライトがあると、ゴリゴリとした感触がします。

 

このマッサージを毎日続けると、少しずつ脂肪が柔らかくなっていきます。

そうすると、脂肪も燃焼されやすくなり、血流やリンパの流れも良くなってきます。

是非お試しください!

 

 

また、スペシャルケアとしてエステサロンを利用するのも良いと思います。

プロが体を見極めながらマッサージをしていくので脚痩せにはかなり効果的です!

 

プライベートサロンTKのマッサージは強腕手技で筋肉を捉え解し、硬くなった脂肪を揉みこんでいきます。

その為、血流がよくなりリンパの流れが促され脚痩せにも効果的です!

是非一度お試しくださいませ(^^)

 

下半身太りを解消し美脚を手に入れましょう!!

下腹痩せで、正月太りをリセット!!

ダイエット

皆様、新年明けましておめでとう御座います。

いつもプライベートサロンTKのブログをご覧頂き、誠に有難う御座います(^。^)

今年も皆様に楽しんでいただける様にブログを更新して参りますので何卒宜しくお願い致します!!

 

今年は例年のお正月とは少し違うお正月を過ごされたのではないのでしょうか。

40〜50代の女性に多い下腹の悩み

現在、外出することが難しくても年末年始は、ご馳走を食べる機会が多く、ついつい食べ過ぎてしまいがちですよね(-_-;)

正月明けに体重計に乗り、「しまった!」と言いながらお腹を触っている経験は少なくないのではないでしょうか。

お腹周りのお肉がついた気がする、、、という経験はないですか?!

 

毎年気をつけなければいけないと分かっていても、なかなか難しいですよね (-。-;

なんだかお正月は体重計と顔を合わせたくなくなります(^◇^;)

 

女性の多くの方が、体型が変わった時に1番気になる場所は【お腹】と答える方が多いです。

ついてしまったお腹のお肉が落ちにくくなりやすい40〜50代の方に多いお悩みをまとめてみました。

  • ・一見細身に見えるが下腹部がぽっこり出ている
  • ・座った時にズボンの上にお肉が乗る
  • ・腰回りに浮き輪のようについてしまった腰肉
  • ・お肉がたるみ摘める
  • ・お腹が引っ込まない
  • ・お腹周り(脂肪)が冷えている

 

当てはまる方いらしたのでは、、、?(((ʘ ʘ;)))

なぜ下腹は痩せづらい

なぜ下腹部は痩せにくく、つきやすいのでしょうか?

☆内臓の保護

脂肪は身体を覆うようにあり、お腹周りは特に脂肪がつきやすくなります。

お腹には他の部位と違い子宮や、肝臓、胃などの内臓器官がたくさんあります。

 

同じく内臓がたくさんある部位として胸がありますが、胸とお腹まわりの大きな違いは、胸にはろっ骨があり重要な内臓を守っていることです。

逆にお腹まわりには骨がなく、内臓を守るには体脂肪を分厚くするしかなく、結果、お腹まわりの脂肪が厚くついてしまうのです。

☆筋力の低下

お腹周りにある筋肉は、内臓を支える大事なものです。

しかし、年齢とともに筋力が衰えてしまい、内臓を支える力が弱くなりやすいです。

特にお腹全体をコルセットのように包んでいる腹横筋が衰えると、内臓を支える事が難しくなり、内臓が定位置から下がってしまい、お腹がぽっこりと出てしまうのです。

☆骨盤の歪み

日々のデスクワークやスマートフォンの使用で、前傾姿勢になりやすく、首や肩ばかりに力が入り、下腹の筋肉(腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋)が衰え、お腹で体重を支える事が難しくなる事から骨盤がゆがみ、内蔵を正しい位置に保てなくなってしまうのです。

その結果、下腹が出てしまうことに。

☆ホルモンバランスによるもの

50代前後では、閉経によって脂肪燃焼を助けてくれる女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し、その為、脂肪が代謝されにくくなりお腹周りにつきやすくなります。

プロが教える下腹撃退法‼️

☆食事

20〜30代の頃は、数日食事を減らすだけで希望の体重になりやすくありませんでしたか?

そして40〜50代の方が同じダイエットを行うのはいかがでしょうか?

結果が出る前に挫折するケースが多く、更に太ってしまうというご相談を頂く事が多いです。

 

これは、筋肉量などの低下による基礎代謝量が減りなかなか痩せる事が難しくなっているのです( T_T)

なので極端な食事制限のダイエットはお勧めしません!

大人のダイエットには【栄養素】が重要です!

40〜50代のダイエットで積極的に摂って欲しい栄養素が、筋肉のもととなるたんぱく質です。

肉や魚、豆や卵、乳製品などの食材に多く含まれています。

いつもの食事に、調理も簡単な納豆や豆腐、卵やチーズなどをプラスすると簡単です。

☆運動

ここでの運動は「カロリーを消費する」のではなく「筋肉をつけ、基礎代謝量をアップさせる」ということが目的です。

基礎代謝量がアップする事で、効率よくカロリー消費する痩せやすい身体を作る事ができます。

〜ぽっこりお腹を撃退するトレーニング〜

【ドローイング】

ドローイングとは、「お腹をへこませたまま呼吸をする」エクササイズです。

筋トレではなかなか鍛えられないインナーマッスル(腹横筋)も、呼吸という動きを利用すれば深い部分まで鍛えられるのです。

 

  • ・まず膝を立てて仰向けになります。
  • ・腹式呼吸で、息を吐きながらお腹を思いきり引っ込めます。
    (この時、腰が浮かないように注意する)
    (お腹の筋肉が、キュッと固くなっている事を確かめる)
  • ・この状態をキープしながら、10〜30秒間、普通の呼吸を行います。

 

10〜30秒間を5セットから行いましょう。

 

プライベートサロンTKには、基礎代謝量を上げ、痩せやすい身体に整えていく事を目的としたマッサージや、

お腹など落としにくいパーツを集中して燃焼させる機器トリートメントなどもあります!

お正月太り脱出は、TKメンバーに是非ともお手伝いさせてください(*^^*)

鎖骨の輪郭美人はモテる!!

TKニュース, しみ, ダイエット, たるみ, 紫外線

デコルテまでが顔なのです

女性の憧れである小顔。

小顔になる為にお顔をマッサージしますよね。

でも、知っていますか?!!顔だけをマッサージしていても小顔には見えない時もあるんです!

 

それは、顔と首とデコルテのバランスが関係しているからです。

 

人を見る時に顔って絶対見ますよね。(@_@)。。。

首やデコルテは顔から近いので、デコルテも顔と同じくらいの印象を与えているのです!!

 

お顔が小さくても、首が太かったり、デコルテの鎖骨が埋まっていたら、

美しい小顔には見えないのです( ;∀;)

 

つまり、顔とは【顔からデコルテまで】が顔なのです。

顔のスキンケアはしっかりおこなっていても、デコルテのケアは怠りがちになっていませんか???

 

デコルテのケアを怠ってしまうと…

  • ・鎖骨が埋まる
  • ・デコルテの輪郭がぼやける
  • ・顔周りが太って見える
  • ・首が短く見える
  • ・顔の浮腫みにより目が小さく見える

 

こんなにも第一印象に影響を与えてしまうのです(・Д・)

鎖骨が埋まってしまう原因

鎖骨が埋もれてしまう、大きな原因の一つは、『姿勢の悪さ』です。

姿勢が悪くなる原因とそこから鎖骨が埋まりやすくなる繋がりについてみていきましょう。

・デスクワーク

現在、在宅ワークをする方が多くなり、パソコンやスマートホンで作業されている方が多いと思います。

この時、長時間前かがみ姿勢になっていませんか?

肩が丸まり、首が前のめりになっている事が考えられます。

長時間同じ姿勢での手先の前のめり作業をしていると、肩が上がり、肩甲骨が開き背中の筋肉が引っ張られ、胸の筋肉(大胸筋)は縮まり姿勢が悪くなりやすくなります。

この状態が続くことで、デコルテ周りの血流が悪くなり、鎖骨が埋まりやすくなってしまいます。

・筋力の低下

猫背がちで背中が丸まってしまうと、腹筋が弱まってきます。

するとお腹周りの腹直筋や、腹横筋、腹斜筋がどんどん緩んでいき、美しい背中の曲線で、良い姿勢をキープする事ができなくなるのです!

 

鎖骨についている、胸鎖乳突筋・僧帽筋・大胸筋・三角筋・鎖骨下筋がコリ固まり、動きが悪くなる事で血流が悪くなります。

皮膚のすぐ下に水分が溜まり皮膚が膨張すると、デコルテ周辺が膨らみ、鎖骨を埋めやすくしてしまうのです。

数分でもいいので肩の力を抜く時間を取ってみてください!!

画面越しの男子 視線が刺さる鎖骨になれ! 

リモート飲み会などが主流になってきた今、第一印象の決め手となる顔!

長くてすらっとした首に小顔、そして鎖骨の輪郭がくっきりと出ていればモテる事間違いなしですよね!!

 

家でできる美しいデコルテを作る方法を伝授します(^^)

①肩の力を抜く

3秒かけて息を吸い共に肩を上げたら、ストンと肩を下ろし息を吐き切ります。

これを5回程行います。

 

緊張して上がってしまっている肩を下ろして肩の力を抜くということを

ここではやっていきます。

②肩甲骨を回す

肩甲骨を寄せるように肘を大きく回します。

前後10回ずつ行いましょう。

③脇をほぐす

脇を挟んで2〜3分程ほぐしましょう

脇の下には腋窩リンパ節があります。

まずこの腋窩リンパ節をほぐす事で血流が良くなり老廃物を排除しやすくなります。

④鎖骨のくぼみを押す

鎖骨に沿って鎖骨のすぐ下のくぼみと上のくぼみ2箇所を指の腹全体で押していきます。

3秒かけて推し、3秒かけてゆっくり力を抜いていきます。

⑤鎖骨を流す

④の画像の通り鎖骨に沿って鎖骨の下のくぼみを親指の腹でなぞります。

10回なぞりましょう

デコルテマッサージをする時は、摩擦によって肌にダメージを与えないように、オイルや、クリームを使って行いましょう!

滑りもよくなるのでやりやすくなります!

リンパは張っていると痛く感じるので、痛気持ちいくらいが丁度いいかもしれないですね。

 

時にはエステなどに行き、プロの手も借りて解してみるのもいいかもしれないですね!

プライベートサロンTKにもデコルテマッサージがございます!

 

首からデコルテ、そして、肩甲骨までもほぐし正しい位置に持っていきます。

是非普段のトリートメントに追加してみて下さい(^O^)

ぽっこりお腹は便秘の仕業!!

TKニュース, インフォメーション, ダイエット, 未分類

しなやかなボディラインに細すぎず、太過ぎない手足といった健康的に美しい体型は、女性なら誰しもなりたい体型だと思います。

しかし、それになるのはかなり日頃から努力をしていないとなかなか難しいですよね。

 

食事に気を使い、運動をしているのになぜかお腹がポッコリ…。なんてお悩みの方も多いかと思います。

もしかしたらそれは「便秘」のせいかもしれないです!

どこからが便秘なの?

「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」

特に何日以上と記されている訳ではないですが、便を排出しきれていない、すっきりしないと言う方は便秘と考えた方が良いかもしれないです。

また、便秘にはいくつか種類があります。

便秘の種類

弛緩性便秘

特徴

  • ■腹痛は少ないが、お腹が張る
  • ■硬く太いコロコロとした便が出る

 

大腸のぜん動運動が低下し、内容物をスムーズに送り出すことができなくなっています。

大腸の緊張低下や運動不足などによって起こります。

このタイプの便秘では、お腹が張る、食欲の低下、便意をあまり感じないなどの症状も起こります。

便秘の中でも頻度が高く、女性や高齢者に多いと言われています。

不溶性食物繊維を積極的に摂るなど、腸に刺激を与える食生活を送ることが便秘解消に繋がります。

けいれん性便秘

特徴

  • ■便秘と下痢が交互に起こる
  • ■食後に下腹部に痛みを感じる
  • ■ウサギのフンのような便(細く短く硬い便)
  • ■便意を感じても排便できない

 

副交感神経の興奮によって腸が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずに、ウサギのフンのようなコロコロとした便になるタイプです。

ストレスによって引き起ります。

このタイプは、弛緩性便秘とは異なり食物繊維を摂ると刺激が強すぎてしまい、かえって便秘を悪化させることになるので、注意しましょう!

直腸性便秘

特徴

  • ■便意を感じない
  • ■排便時に痛みや違和感がある
  • ■上手に息めない/排便に時間がかかる/残便感がある
  • ■便が太く硬い

 

便意を我慢することが多いと、直腸の神経が鈍くなってしまいます。

直腸性便秘は、便が直腸まで送りだされているのに便意が生じなくて起こる便秘です。

高齢者や寝たきりの人のほか、痔や恥ずかしさなどにより排便を我慢する習慣がある人に多いと言われています。

直腸内に大量に便がたまって水分が吸収されるので、硬くなった便が蓋をした状態になってしまいます。

しっかりお水を飲み、排便を我慢しない生活リズムを作ることが便秘解消のカギです!

どうして便秘になるの?

偏った食事

偏った食事も便秘を招く大きな原因となります。なかでも、繊維不足、極端な少食、水分不足は快便のさまたげになります。

またトイレが近くなるためとか、汗をかくからと水分を控えることも便秘を招く原因になります。

もともと水分が不足しているところに腸内でさらに水分が吸収されると便が硬くなります。

便が硬くなってしまった結果、便秘になるという悪循環を生み出してしまいます。

がまん

便意を見逃したり、無視してしまうことも便秘に繋がります。

便意が起こりやすい時間帯は朝食後ですが、せっかく朝食後に便意が起こっても、時間がないからと後回しにしたり、トイレが混んでいるからと我慢してしまうと便意は引っ込んでしまいます。

便意が消えると腸の蠕動運動もストップしてしまうので、せっかくの排便チャンスを逃してしまうことになります。

便意が起こっても排便をしないという状態が度重なると、自律神経の働きが次第に鈍くなって、ついには便意そのものを感じにくくなり排便に至らず、便秘が常習化してしまいます。

精神面

精神的な要因で便秘が起こることもあります。

胃腸はとてもデリケートな臓器で、私たちのちょっとした感情の動きにも大きく影響されます。

これは腸の働きが、自律神経に支配されている為です。

自律神経は、感情と密接に結びついている為、自律神経が乱れると腸の働きも乱れ便秘へとつながってしまうのです。

転居や慣れない土地での生活、人間関係、仕事等の精神的なストレスや緊張が生じると自律神経が乱れ便秘を招いてしまいます。

ホルモンバランス

女性ホルモンが腸の運動に影響を及ぼすことがあります。

女性は毎月、排卵と月経を繰り返していますが、これをコントロールしているのは主に黄体ホルモン卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンです。

妊娠できる状態を維持する働きがあり、分泌量が増えると胎児のための栄養など、さまざまなものを体内にため込みやすくします。

また、腸の動きを鈍らせるように作用することから、分泌量の増える排卵日から生理前にかけての期間は、便秘になりやすくなるのです。

定着する便秘解消法を教えます!

弛緩性便秘の解消法

・適度な運動

筋力不足が直接的な原因となる弛緩性便秘を改善するためには、腹筋を鍛えたり運動で体調を整えたりすることが大切です。

普段から運動をしていない人は軽めのウォーキングをするだけでも、歩いた時の振動で腸が刺激され、排便を促します。

弛緩性便秘の方は、腸が動きづらいことが一番の原因のため、ほんの少しの刺激でも便秘解消に繋がります。

ちなみに私は毎日ストレッチをしたら、お通じが良くなりました(^^)

・食物繊維を積極的に摂る

食物繊維には水に溶けず水分を吸収して膨張する不溶性食物繊維と、水に溶け腸内の水分を巻き込んでゲル状にして便を柔らかくする水溶性食物繊維があります。

弛緩性便秘は、腸が動かないタイプなので、腸を刺激する不要性の食物繊維を積極的にとりましょう!

・不溶性食物繊維を含む食材

→さつま芋、大豆、アーモンド、ブロッコリー、エリンギ、玄米など

けいれん性便秘の解消法

・生活習慣の改善

けいれん性便秘は、ストレスからくるため、ストレスフリーな生活を送ることがポイントです。

不規則な生活や睡眠不足もストレスとなります。

規則正しい生活を心がこけ、睡眠時間をしっかりと確保するようにしましょう。

 

けいれん性便秘になりやすいのは真面目でストレスを受けやすい方という説もあります。

ストレスを溜めない生活をと言っても、ストレスにあふれた現代社会では難しいと思います。

本を読むことや、散歩をする、音楽を聴くなど心がふっと落ち着くリラックス出来る時間を確保することがお勧めです。

また、ストレスを発散できる習慣を無理のない範囲で生活に取り込むようにすることもお勧めです。

・腸に刺激の少ない食べ物を摂る

けいれん性便秘では、気をつけたい食事のポイントが弛緩性便秘とは異なります。

腸の緊張を抑えるため、刺激の少ない食べ物を摂ることが基本です。

香辛料や酸味の強いもの、揚げ物など脂肪の多いもの、アルコール、カフェイン飲料などは控えましょう!

直腸性便秘の解消法

・朝食をしっかり摂る

朝食は、腸を刺激してスムーズな排便を促すために重要です。

同じ時間に食事をして排便リズムを整えましょう。

・水分補給と食物繊維を十分に

水分を含んだ便はかさが増して腸に刺激を与えて便意を促しますが、水分不足になると便が硬くなって移動しづらくなります。

特に起床時は水分が不足しがちになります。

朝の水分摂取は便意を催す作用があるため、水分を摂る習慣をつけましょう。

また、食物繊維は腸のぜん動運動を促し、スムーズな排便を導く働きがあります。

・お腹のマッサージ

お腹のマッサージで優しく腸を刺激して腸のぜん動運動を促しましょう。

立ったまま、またはトイレに座った状態で、おへそを中心に時計回りに「の」字を描く様に軽く押しながら擦ります。

回数は10回程、強く押さなくて大丈夫です。

腸の便の流れに沿うようなマッサージで自然な排便を促す効果があります。

 

マッサージも中々自分では、思うように出来ないと言う方も多いと思います。

TKでは、プロのエステティシャンが大腸の位置を捉えながらしっかり揉み込み、自らの排泄力を高める「腸セラピーマッサージ」をしています。

その為、腸が刺激されマッサージ中にお腹がぐるぐる音を出すこともあります!

 

定期的に腸にそれほどの刺激を与えることで、自然と自らの力で腸の蠕動運動が出来るようになり、便秘の緩和に繋がります!

気になる方は是非お試しください!(^^)!

健康美の身体をとり戻すには?!

TKニュース, インフォメーション, しみ, ダイエット, たるみ, 紫外線

季節の変化と身体の変化

11月に入り、更に肌寒くなってきましたよね。

そんな日は、こたつに入りながらゴロゴロしたり、お鍋を食べたりしたいですよね。

 

外気温が暖かくなってくると、身体が動かしやすくなり自然と運動量が増え、汗もしっかりかき、スッキリした〜!という気持ちになりますよね!

逆に気温が低くなってくると、暖かい部屋に閉じこもり、暖かいものを食べ、運動するのが面倒。

 

そうしているうちに、お腹周りや腰周り、下半身に見た事もないお肉がついてしまった、、、

という事ありませんか?!

そんな太りやすくなる季節と思っている冬は、実はなんと、、、痩せやすい季節なのです!!!

実は、気温が低くなる冬になると、私たちの身体は体温が低下しないよう、その冬の寒さから身を守る為に、人間は体温を上げようと身体の中で熱を産生し体温維持をしています。

 

この時身体のエネルギーを沢山使用し体温維持を行っています。

身体の中のエネルギーを夏よりも消費する為、冬は年間を通して基礎代謝量が1番高いとされており、脂肪が燃えやすくなるためダイエットにオススメの季節なのです!

 

ですが、寒いと活動量が低下してきますよね。

そうすると、筋肉は使われにくくなり身体はより冷えて脂肪を溜め込みやすくなってしまうのです。

 

また、夏は沢山汗をかいて排泄できますが、寒い冬は汗をかきづらい為、体内に溜まりやすく、浮腫みやすくなる事や、体調が崩れる日があるなど、身体が重く感じる時がありませんか。

基礎代謝量が1番高い冬こそ、溜め込むのではなく身体の中の毒素を定期的に排泄(デトックス)していれば、自然と健康で痩せやすい体へと変わってゆきます。

身体をデトックスさせるのはなぜ?

普段の生活を送っている中でも私たちの身体の中には老廃物が溜まっています。

老廃物を身体の中に溜め込んだままにしておくと、身体に悪影響が出てきてしまいます(><)

  • ・疲労感
  • ・腸内環境が乱れる
  • ・代謝が落ちる
  • ・代謝が落ちる事でシミや肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなる
  • ・体重が増えやすくなる
  • ・むくみ・冷え

 

これらの身体への悪影響を出さない為にも、定期的なデトックスが必要になってきます!

普段から身体の老廃物を排泄する事を意識して生活する」事が体の不調を防ぐ方法です!!

健康な身体を手に入れる方法

疲労感などなく健康な身体を保つ為には、身体の中を常にキレイにしておく事が必要です。

キレイな身体の中とは、老廃物を溜めず、排泄(デトックス)が定期的に行なわれている身体の事です。

 

そもそもデトックスとは、食事・皮膚・呼吸などから自然に有害な物質(毒素)や老廃物を身体に溜め込んでしまっています。

これらの有害物質・老廃物を排泄し、身体が本来持つ力を取り戻し、健康な身体や美しい肌を取り戻す事を「デトックス」と言います。

デトックスで得られる効果

  • ・便秘解消
  • ・身体が軽くなる
  • ・腸内環境が整う
  • ・浮腫や冷えの解消
  • ・肌がキレイなる
  • ・痩せやすくなる
  • ・代謝があがる

さて、自宅でできる1番効果的なデトックス方法をお伝え致します!

それはファスティングです!!

 

ファスティングとは、疲れた消化器官を休ませ、身体の中を大掃除(クレンズ)する事です。

一定期間固形物を摂取しない事で、使い過ぎて疲れた消化器官を休ませ、腸内環境を整えます。

 

また、食べ物を消化吸収する為の消化酵素を温存させ、代謝や排泄などの生命活動をコントロールする代謝酵素を一気に活性化させることが出来ます。

汚れた細胞をリセットすることが出来、活動しやすく代謝が上がりやすい体に近づけることが出来ます。

~やり方~

ファスティングには「準備期」「ファスティング期」「復食期」と3つの工程があります。

「準備期」

まずはは胃腸を整えておく為に、規則正しい健康的な生活をする期間です。

純和食を基本に、高脂質・高タンパク・糖質の多い食事は避け、消化しやすい食事で食べ過ぎない生活をしましょう。

「ファスティング期」

朝から水や酵素ドリンク、生野菜&果物で作ったスムージーのみで一定期間過ごします。

空腹で辛い時は、ひとまずお水を飲んで空腹感を和らげましょう。

それでも空腹に耐えられない時は、すりおろした野菜や果物を少量摂ってみてください。

「復食期」

ファスティングから明けたばかりの復食期の最初は、お粥や具なし味噌汁をゆっくり摂ってください。

ファスティング中、特に気をつけなければならない時期は復食期です。

復食期に急いで普段通りの食事に戻ってしまうと、胃腸がびっくりしてしまい体調不良を起こしたり、リバウンドしやすい状態になってしまうので気をつけましょう。

ファスティング効果をより高める方法!

・水を十分に摂る

食事からの水分を摂らないので、いつもよりも多めに水分を飲まないと脱水気味になってしまいます。

水分をしっかり摂取する事で酵素が生き生きと活動しやすくなりファスティング効果がより期待できます。

2リットル以上の常温のお水を10回以上に分けてこまめに飲んでください。

・身体を温める

就寝時は吸収と代謝の時間です。

就寝中の体温が少しでも高くなると、免疫力アップや代謝力アップに繋がり、排泄も促される為、夜は毎日入浴をしましょう。

38〜40度くらいの湯船に半身浴や、全身浴で入ってみてください。

・良質な睡眠をとる

睡眠中は新陳代謝が活発になり、代謝酵素が働きます。

また、翌日分の体内酵素を生産する時間でもあります。

毎日の睡眠時間として7〜8時間の睡眠時間を確保する事が理想です。

身体の中の毒素というのは、季節の変わり目などに溜まりやすくなります。

毒素を身体の中に溜め込まないようにするという事で身体の中を「リセットする」「デトックス(排泄)する」という事が必要になってきます。

溜め込んでしまいやすい冬の時期こそ是非ファスティングを行い、健康的な身体を手に入れましょう(^O^)

 

食べ物を摂取しないと聞くと、どうしても実施することに対して身構えてしまいますが、ファスティング終了後は、寝つきが良くなったり、体が軽くなったり、体重が落ちたり、腸内環境が整うなど

大きなメリットが得られます!!

プライベートサロンTKにも、身体の中に溜まってしまった毒素を自身の排泄する力を高めながら、身体の芯からデトックスできるマッサージコースがございます(*^^*)

是非一度お試しくださいませ!!