BLOGミグレ・プリエ

  • HOME
  • ミグレ・プリエ

季節の変わり目に起こる「ゆらぎ肌」対策

TKニュース, しみ, たるみ, ミグレ・プリエ, 紫外線

なぜ季節の変わり目は肌トラブルが多い?!

徐々に秋も深まってきましたね(^^)

 

季節的には過ごしやすくなってきている一方で、

「毎年この時期になると肌荒れが気になる……」

「かさつく…」、「赤味が出る」等

肌悩みが出てくる人が増える時期でもあります。

 

冬肌へ切り替わる途中の不安定な状態に加え、激しい寒暖差が続くと肌が対応しきれなくなり、普段より敏感になってしまうのです。

体なら上着を一枚持ち歩いたり、オフィスに膝掛けを置いたりすることで対応できますが、お顔はそうはいきません。

季節の変わり目に伴う気温や湿度の変化は、肌のバリア機能を低下させるといわれており、これが肌荒れの原因になると考えられています。

 

バリア機能とは、ホコリや花粉、紫外線、化学物質や微生物といった、外的刺激から肌を守るために体に備わっているシステムのことです。

この機能が低下すると、このような外的刺激に肌が過敏に反応してしまい、肌荒れを引き起こしやすくなります。

気温や湿度が変化すると、自律神経のバランスが崩れやすくなるのが原因です。

最近では、日中は暖かいですが朝晩は冷えることがよくあります。

一方湿度は、だんだんと低くなって乾燥してますよね。

このような変化で体温の維持・調節の役割を担う自律神経のバランスが崩れ、皮膚のターンオーバーが乱れて、肌荒れが起きやすくなるのです。

 

また、気温や湿度の変化に伴う空気の乾燥によって肌の水分量と油分量のバランスが崩れることも、皮膚のバリア機能を低下させる原因となります。

健康な肌は水分と油分のバランスが保たれているため、しっかりとうるおい、外部の刺激から肌を守るバリア機能が十分に機能しています。

しかし、水分と油分のバランスが崩れると、肌のバリア機能が低下し、肌荒れが起こりやすい状態になってしまうのです。

 

更に、エアコンによる空気の乾燥でも肌のバリア機能が低下すると考えられます。

空調が効いた屋内では肌が乾燥するため、皮膚のバリア機能が低下し、肌荒れが起きやすくなるのです。

秋は冬に備えるお肌のターニングポイント

実は、1年で一番肌が荒れやすいのが「」と言われております。

具体的に「」に肌荒れをしてしまう原因をお伝えします。

○紫外線

夏に受けた紫外線ダメージが残ってしまい、ダメージを引きずっている可能性があると言われています。

紫外線を浴びた肌は新陳代謝がうまく働かず、規則正しく肌が生まれ変わらないことで、古い角質が溜まってしまいます。

その角質があるために、皮脂が上手に分泌されずに、肌の内側で炎症を起こしてニキビになることもあると考えられます。

○乾燥

秋は夏よりも空気が乾燥をしています。

空気の乾燥に伴って肌が乾燥をすることで、肌が敏感になります。

角質層が乾燥をすることで、本来ある機能が失われてしまい、「かゆみ」が出ることもあるのだそうです。

弱っている肌が痒くて掻いてしまうことで、悪化させてしまうので注意しましょう。

○花粉症

花粉症と聞けば春のイメージが強いと思いますが、実は、秋は春に続き花粉が多い季節であると言われています。

また、花粉症と聞くと目のかゆみや鼻水の印象がありますが、肌への影響もあるのです。

特に、顔や首はほとんどの人が露出をしている箇所でもありますので、付着した部分がアレルギー反応を起こしてしまう可能性が高いと言えます。

ゆらぎ肌対策

季節の変わり目は温度や湿度が大きく変化します。

その中で美肌をキープするためには、日常でのケアも大切です。

*日常でのケア

水をたっぷり飲む

みずみずしい肌をキープするポイントは、水分と言われています。

外側からのアプローチだけでなく、皮膚の血のめぐりを促すような、内側からの水分補給も大切です。

人間は、呼気や皮膚からも水分を蒸発しています。

1日に2リットルは水分が排泄されると言われておりますので、1日2リットル以上を目安に水分を摂ることをお勧めします!

マスクはコットン素材のものを使う 

コロナ対策として長時間マスクをつけることが多くなっています。

ただ、マスクが肌と頻繁に擦れることで肌が荒れることや、ニキビができてしまうこともあります。

マスクは刺激の少ないコットン素材のものを選んでみるのも肌荒れを防ぐ方法のひとつです。

また、マスクを外すと水分が蒸発して肌が乾燥するため、化粧水や乳液、クリームなどを使って保湿ケアをすることもポイントです。

 

ただし、通勤や通学など人混みの多い場所に出かけるときは、ウイルス飛沫の侵入を防げるマスクを着用するなどして、布マスクは人が少ない場所や家で着用するなど使い分けるのがいいでしょう。

更にこの季節は、普段のお肌のお手入れも大切になります。

改めて、見直してみるのも良いでしょう(^^)

*スキンケア

血行を良くするケア

寒くなってくると、血行不良になりやすくなります。

そのため、肌全体がくすんだり、目元にクマができやすくなってしまうのです。

血行を促進するためには、スキンケアの前に肌をホットタオルで温めてあげるのがおすすめです。

また最近人気の炭酸パックも、血行を促すためには効果的なアイテム。

さらにマッサージクリームをケアにプラスして、週末だけでも肌を優しくマッサージしてあげるなども、肌の巡りをよくしてくれます。

保湿ケアは今のうちから入念に

秋から冬にかけて空気はどんどん乾燥していきます。

その為、保湿ケアを入念に行うことがポイントです。

夏の日差しでダメージを受けた肌には、美容成分をたっぷり含んだ美容液を選ぶようにしましょう。

また入浴や洗顔後には肌が乾燥しやすいため、化粧水で肌に水分を補給した後に乳液やクリームでしっかりカバーをしていきましょう。

化粧水は小さなスプレーボトルに入れて常時携帯するのもよいでしょう。

肌のコンディションに合わせて『プラスα』のお手入れ

肌の浸透力がイマイチと感じた時は、毛穴に詰まった皮脂や角質をキレイにする効果があるクレイパックがオススメ!

スペシャルなケアをする事により、ゴワ付いていた肌が柔軟になり、化粧水の浸透力がアップします。

 

また、基礎化粧品だけでは、肌の潤い力が不足していると感じる時は、美容液を使って保湿力を高めましょう。

プラセンタやヒアルロン酸の配合されている美容液は、肌に水分保持をしてくれる役割があるので、潤いを保つことができる為、乾燥を防ぐ他シワやたるみ予防にも効果があります。

 

また、エステティックでのスペシャルケアもおすすめです。

プロが肌状態を分析した上で肌質に合わせたケアをする事ができる為、正しいケアをすることが出来ます。

プライベートサロンTKにも豊富なフェイシャルメニューがございますので、

是非この機会にお試しくださいませ(^^)

 

今から冬に備えてお肌を整えておきましょう!

美容クリニックでのレーザー治療後の肌のお手入れについて

TKニュース, インフォメーション, しみ, たるみ, ミグレ・プリエ, 紫外線

美容レーザーの肌への効果

ある日、鏡で自分の顔を見ていると…

エイジングのサインを発見する事はありませんか?しわ・しみ・たるみなど。。。

 

最近ではエステティックサロンに通いながらも、平行して美容クリニックで悩みの目的にあったレーザーをされる方が増えてまいりました。

美容レーザーとは?

可視光線といわれる波長の光のうち特定の単波長の光を使った治療の事です。

レーザー光線を肌へ照射しメラニン色素を破壊する事ができ、肌表面にできてしまったシミをターンオーバーという形で肌の外へ押し出す事ができます。

肌の弾力については、レーザー光線により線維芽細胞を刺激しコラーゲンの産生を促すことで、肌弾力を増し、たるみやしわを解決してくれるようです。

美容レーザー後の肌への影響

先ほども書いたように、様々な肌質改善を目的とするレーザーは効果も優れています

レーザー光線により肌の表面を削って新しい皮膚を下からだしているので、肌の変化を実感しやすいのではないでしょうか。

 

ただ、かなりの頻度で繰り返していると…

皮膚がしっかりつくられる前にまた削るに事になってしまいますので、当然の事ながら肌が薄くなり、バリア機能が低下し何かとトラブルを起こしやすい肌へとなってしまいます。

肌内側に張りがあるうちはいいのですが、しぼみ肌になった時が大変なのです‼

肌理(キメ)もなくなり、しわができやすくなってしまうようです。

又、肌の張りをだすレーザーについても肌が固くなってしまったケースもあるようです。

レーザーをやりすぎると…

肌が薄くなりなる

■肌のバリア機能を失う

■肌が硬くなる

■肌の老化を加速してしまう

 

美容レーザー後の肌ケアについて

なんといっても、肌を休ませてあげてください!!

それから、ご自身でも肌へ負担を与えない努力をする事が大切なのです。

 

保湿をものすごく心がける事

水分をしっかり与えて、肌から蒸発しないようクリームなどでカバーする事。

■質の良い睡眠をとる事

寝るときのパジャマや寝具も大切です。

睡眠の質により、修復ホルモンの出かたも異なります。

ハンドマッサージや機器によるケアで血液循環をよくする

レーザー後、しばらく肌を休ませた後には自らお肌のお手入れをする習慣が必要です。

肌からも栄養導入はどんどんやる!

ご自宅では、美容液を塗ってみる。

 

エステティックサロンでは、機器を利用して美容液の浸透を高めるトリートメントがあります。

 

おススメの肌トリートメント機器

〇エレクトロポレーション

電気パルスにより浸透を高める方法。

〇超音波導入

数万回の振動を与える事により、浸透を高める方法。

〇イオン導入

プラスとマイナスの電気の反発力を利用して浸透を高める方法。

 

自宅で単独のトリートメントをするより、

サロンのエステティシャンの手に委ねて

1)メイクアップを落としてもらい

2)脂汚れを落とし

3)マッサージをして筋肉をほぐし、肌温度を高める(美容成分の浸透力が大変高くなります)

4)機器による栄養導入

5)栄養パック

 

このようなベーシックな流れでケアし、客観的な目で肌をみてもらう事は

特にエイジングが気になる方には基礎のお手入れとして大切な事かもしれません。

やはり…「美は1日してならず!」

今からの10月・11月・12月ケアする事が、かなり大切です。

 

感動体験!!プロユース化粧品【ミグレ・プリエ】肌質改善で若々しく

しみ, たるみ, ミグレ・プリエ, 未分類, 紫外線

化粧品で劇的に肌質は変わらない…

プライベートサロンTKに入社する前はそんなことを思っていました。

 

日頃エステティシャンとして、フェイシャルの施術をしていると肌質、顔色、小顔、毛穴改善、美白等、色々な効果が目に見えてわかります。

フェイシャル後の肌質が良くなることは大前提の事ですがホーム化粧品で肌質が変わったのは、初めてのことでした。

この感動をお伝えしたく、本日はプロユース化粧品ミグレ・プリエについて。

一言で表すと「ファンデーションが要らない肌」になりつつあります。

オーナーこだわりの化粧品「ミグレ・プリエ」

オーナー中野のこだわりの一つとして『家族・親戚にも勧められる商品しか販売しない』をモットーに「ミグレ・プリエ」というプロユース化粧品を導入致しました。

効果成分の配合濃度が高いためエステティシャンが肌を見極めその方に合わせ、一緒に使用していく化粧品になります。

このミグレ・プリエ化粧品を使用した「艶美肌育成フェイシャル 70分」は数あるフェイシャルの中でお客様リピート率が高いフェイシャルコースです。

 

オーナー中野に「艶美肌育成フェイシャル」を受けてもらいました!!

先日、夏の紫外線を浴びてシミ予備軍が気になっているとのこと。

オーナー中野に実際に施術を受けてもらいました。

 

実際の変化を見て頂きましょう。

左ビフォー / 右アフター

 

全体的に美白になり、ミグレ・プリエ化粧品で特徴的な【艶感】が出ます。

左のビフォーはクレンジング、洗顔のみ行った状態。

ビフォーだけでも肌に艶感が出ています。

 

更にマッサージ、超音波でエステティシャンのハンド技術が入るとミグレ・プリエ化粧品の効果で【肌改善】+ハンドによる【小顔】+【リフトアップ】が一気に行えるので効率的に肌質改善できます!!

お客様からのリアルな声

プライベートサロンTKに通って下さるレディースのお客様は30代~50代の方がメインです。

実際に施術に入らせて頂いた方、化粧品を使用している方のリアルなお声です。

 

・50代女性

色々な化粧品を試してみたけど、ミグレ・プリエ化粧品は明らかに透明感・白さの実感がある。

艶美肌育成フェイシャルコースはまだ2回しか受けていないのに美肌の店員さんにも肌を誉められた。

 

・30代女性

今まで化粧品をこだわって使用したことがなかった。

艶美肌育成フェイシャルコースを受けて数日、肌がターンオーバーして動いているとわかる。

施術を受けて2~3日後がベストに調子が良い。

 

・20代女性

社会人になってニキビが出来始め、悩んでいた。

クレンジング、洗顔、トナーの3アイテムだけですっかり肌が綺麗になりました。

 

・30代女性

化粧品は可も不可もないものだと思い、ブランドや香りの好みで選んでいた。

こんなに変わる化粧品があるなんて驚きました。

本当にファンデーションがいらなくなった。

 

・40代女性

面倒くさがりだけどGVC(ミグレ・プリエ化粧品)だけは必ず塗っていました。

先日、女子会の旅先で「どうしてそんなにシミがないの⁉」とスッピンを見た友人に誉められた。

シミを作らない秘密アイテム。GVC。

本当にこれ一本でだけ大切に使ってきました。

もう手放せません。

 

ホルモンバランス、気温の変化、季節の変わり目に

肌の変化が顕著に出やすい30代~50代の方からの

リアルなお声でした。

化粧品では肌は改善しないと思っていた私も今ではすっかりミグレ・プリエの虜です!!

プライベートサロンTKが自信をもっておすすめする化粧品、ミグレ・プリエ。
夏に浴びた紫外線のケアは年末までに早めに済ませましょう!!

毎年大人気のミグレ・プリエキャンペーン今年もやってます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

夏の終わりの紫外線

しみ, たるみ, ミグレ・プリエ, 紫外線

もうすぐ9月を迎え

暑い夏から残暑の時期になります。

気になる夏の終わりの紫外線…

 

放置していると将来のお肌にしみ予備軍が…

たるみ・老け顔の原因にもなります。

 

 

1.光老化について

 

2.老け顔について

 

3.メラニンの出来方・シミのメカニズム

 

 

 

 

1・光老化について

近年、シワ・しみの原因は長年にわたり、

紫外線を浴び続けた『光老化』によるものと言われています。

「自然老化」とは違い、紫外線を長年浴び続けた結果

5年・10年以上かけてじわじわと肌トラブルが出てきます。

 

 

 

 

2.老け顔について

 

老け顔の代表はシワとたるみ。

 

そのなかでも紫外線からの影響を受ける

『真皮性のシワ』は深いシワが顔に刻まれます。

加齢や紫外線の影響により

肌の真皮層にある

コラーゲンやエラスチンがダメージを受け

劣化して『肌がVの字に陥没』します。

このシワは一度出来てしまうと

修復が難しいので、作らないことがポイント!

 

 

3.メラニンの出来方・シミのメカニズム

 

 

肌が紫外線を浴びると

皮膚内部のメラニン生成工場、『メラノサイト』が活性化。

『メラニン』を過剰に生成します。

通常はターンオーバーによって

皮膚表面に垢となって剥がれ落ちますが

長年の紫外線ダメージにより

『メラノサイトが暴走』。

 

『メラニンの過剰な生成』が続き

ターンオーバーも乱れ

『メラニンが蓄積』し

『シミ』となって表面に現れます。

『シミ』には直接アプローチをする

漂白以外に

『シミになる前のケア』

『メラノサイトの暴走を止めるケア』

など、沢山のケアが必要になってきます。

※プライベートサロンでは

結果重視で

根本のシミケア・ターンオーバーケアを

『プロユース商品 ミグレ・プリエ』でケアをしていきます。

夏の終わり集中シミ・たるみケアコース

最大2ヶ月、フェイシャルフリーチケットが付きます!!

毎年この時期を楽しみにしている方が沢山いらっしゃいます!

紫外線を浴びたら

緊急ケアを!!